100の一歩

今日も地下鉄は走っている

横浜市営交通の取組とそこに込める思いを発信する“100の一歩”。
今回は高速鉄道本部運転課からお届けします。


運転課は、地下鉄の運転や安全のための仕組みやルールを決めている部署です。お客様に安全・便利に乗っていただける地下鉄であるために、日々ダイヤの策定をはじめ、運転ルールや地下鉄運転士の働き方の管理、事故防止対策、監督官庁の対応など、地下鉄の運転に関わる仕事をしています。

写真2 運転課が目指しているのは、地下鉄がご利用いただくお客様にとって、「当たり前にそこにある」存在であること。朝になると当たり前に空にお日さまが昇るように、通勤や通学、お買い物や観光などで出かける時には、当たり前にご利用いただける地下鉄であることです。

写真1 一日に何十万もの命をお預かりしてトンネルの中や橋の上を最高80km/hで電車を走らせる。簡単ではないと思っています。それでも、今日も昨日と同じ安全を維持して当たり前に走り続けることが運転課の仕事であり、交通局の使命です。

本日もご乗車ありがとうございます。その思いを胸に、今日も地下鉄は走っています。

写真2
写真1
関連記事
TOP▲