100の一歩

地域と一緒に交通安全

横浜市営交通の取組とそこに込める思いを発信する“100の一歩”。
今回は市営バス港南営業所の取組をご紹介します。


港南営業所では、地元の保育園児を対象に、交通安全教室を開催しています。バス営業所の敷地内で、横断歩道の安全な渡り方や、バスの乗降方法、車内マナーについて、実際のバスを使って実践的に学んでもらっています。園児の皆さんの交通安全を願うとともに、バスを身近に感じてもらい、「将来の市営バスのお客様」になってもらえるよう、紙芝居なども使いながら優しく丁寧に伝えています。

写真2 交通安全教室の様子2 また、中途障害者地域活動センターとも連携し、外出支援を目的とした乗り方教室も行っています。こちらも実際にバスを使って体験していただいています。参加された方からは、「バスを利用することに少し自信が付きました」、「無理だと思っていたことや怖くてできなかったことが、私にもできるんだと思いました」といった嬉しいお声をいただいています。

写真4 バスの乗り方教室 地域の皆様や子どもたちと交流しながら、一緒に交通安全に取り組むことは、バス乗務員・営業所職員にとっても、様々な気付きを得られる貴重な機会です。地域の皆さまの笑顔をお運びする仕事に誇りを持って、今日も安全運転を続けます。

写真3 交通安全教室の様子3
写真2 交通安全教室の様子2
写真3 交通安全教室の様子3
写真4 バスの乗り方教室
関連記事
TOP▲