100の一歩

貸切も路線バスも安全に快適に

横浜市営交通の取組とそこに込める思いを発信する“100の一歩”。
今回は市営バス保土ケ谷営業所の特徴と、事故防止のための取組をご紹介します。


保土ケ谷営業所では、路線バス以外に高速道路の走行が可能な貸切専用車(リムジンバス)を配置しており 長距離の貸切バス運行は原則として当営業所で行っています。
路線バスと貸切バスの一番の違いは、毎回、異なるルートを走ること。 リムジンバス担当ドライバーは選抜制ですが、さらに腕を磨き、お客様に安全・確実・快適に目的地までご乗車いただくため、 定期的にリムジンバス担当ドライバーの運転技術向上研修を行っています。


写真1教習風景
教習風景

もちろん路線バスの技術向上にも気は抜けません。経験年数の浅い乗務員、特に入局後3年未満の乗務員を対象に、 実車を使用し、指導員とのマンツーマン研修を通じ、細やかな指導、アドバイスを行い、一人ひとりの運転技術をレベルアップしています。 

写真2マンツーマン研修風景
マンツーマン研修風景

【おまけ】
保土ケ谷営業所内の石畳は、市電が運行していた当時の軌道線に敷かれていた石材です。 市電の廃止に伴い、保土ケ谷営業所建設時に再利用したものです。交通局の長い歴史を感じます。


写真3市電の軌道線に敷かれていた石
市電の軌道線に敷かれていた石

写真1教習風景
教習風景

写真2マンツーマン研修風景
マンツーマン研修風景

写真3市電の軌道線に敷かれていた石
市電の軌道線に敷かれていた石
関連記事
TOP▲