100の一歩

次の時代に向けて EVバス

横浜市営交通の取組とそこに込める思いを発信する”100の一歩”。
今回は、浅間町営業所の業務をご紹介します。


横浜市は、「Zero Carbon Yokohama」を掲げ、地球温暖化対策・エネルギー施策を強化し、 持続可能な大都市モデルの実現に向けた取組を進めています。
その一環として、公共交通の低炭素化を図り、本市の環境施策をPRするため、熊本大学等と連携し、 電気で走るバス“EVバス”の営業運行による実証事業を令和2年度実施しました。バス車両の調整や充電設備に課題があり、運行までは長い道のりでした。


写真1EVバス 令和2年10月28日から令和3年2月末まで、市民病院方面に向かう急坂や、横浜駅付近を運行しました。
発車時や停車時の挙動が、通常のバスと異なるため、乗務員は当初戸惑ったものの、営業所内での練習を重ね、車両にはすぐに適応することができ、 運転しやすいとの声も数多くあがりました。また、お客様からは「静かでスムーズ」などと好印象でした。


写真2バスのエンジンルーム 今後、EVバス時代の到来が予想されます。この事業がEVバス導入の先駆けになればと思います。

写真3浅間町営業所のお披露目時の集合写真
写真1EVバス 写真2バスのエンジンルーム 写真3浅間町営業所のお披露目時の集合写真
関連記事
TOP▲