100の一歩

駅のトイレを快適に!

横浜市営交通の取組とそこに込める思いを発信する”100の一歩”。
今回は、昨年初めて実施した「衛生備品の設置」の取組についてご紹介します。


トイレ内装写真 駅のトイレを快適にすること……これは、わたしたち高速鉄道本部営業課の重要なミッションであり、どうしたら良いか日々検討を重ねています。

取組は、「サニタリーボックスに関係ないゴミが捨てられていて汚い」というお客様の声からはじまりました。もちろん毎日清掃していますが、それでも沢山のお客様が利用する駅のトイレは、ゴミが多くなってしまうことがあります。対応策を検討する中、子育て中の担当職員から、「多目的トイレに紙オムツを捨てられるようにすることで、子連れのお客さまの移動を快適にしたい」という意見も出されました。
そこで、昨年、市営地下鉄の全てのお客様用トイレに「自動開閉式のサニタリーボックス・幼児用消臭おむつ回収容器・オートソープディスペンサー・シートクリーナー」の4つのトイレ備品を設置することになりました。


トイレ個室内装写真 トイレ手洗い場写真 おかげ様で、「清潔で良い」「コロナ対策にもなる」など、お客様からお褒めの言葉をいただくことが多くあり、嬉しく思っています。

トイレ内装写真
トイレ個室内装写真
トイレ手洗い場写真
関連記事
TOP▲