100の一歩

地域の皆さんとつくるイルミネーションバス

横浜市営交通の取組とそこに込める思いを発信する“100の一歩”。今回はイルミネーションバスについてご紹介します。

若葉台営業所(横浜市旭区)では、近隣の横浜わかば学園の生徒の皆さんにクリスマスバスの飾り付けをしていただきました。
こちらの生徒さんは営業所内やバス車内の清掃等のお手伝いをしてくださっており(※感染症予防のため現在は休止中)、営業所とは普段から交流があります。

生徒さんはクリスマスをテーマにして描いた作品の展示や、モール、ツリー、オーナメントなど思い思いの装飾をし、職員が主に電飾を担当し、互いに協力し合って華やかなバスに仕上がりました。
そして、飾り付けの作業後には、生徒さんが手慣れた様子できびきびと手際よく、バス車内をピカピカに清掃してくれました。
生徒さんがはつらつと作業をしている姿に、営業所の職員は元気をもらいました。
イルミネーションバスは、若葉台営業所では一台、運行しました。

他の営業所でもそれぞれに工夫を凝らしたイルミネーションバスを運行。詳しくはこちらをご覧ください。
https://www.city.yokohama.lg.jp/city-info/koho-kocho/press/koutuu/2020/1130Illuminationbus.html

新型コロナウイルス感染症の状況を踏まえ、自粛することも考えましたが、規模は縮小してでも実施することとしました。それは、地域の皆さんがイルミネーションバスを楽しみにしてくださっているのはもちろん、生徒さんにとっても、バスを一つの作品として仕上げることを、貴重な地域貢献の機会として取り組んでくださっているからです。

※横浜市営バスでは、定期的な消毒・窓開けをして運行しています。
  • 貼り付け作業画像1
  • 貼り付け作業画像2
  • 集合写真1125
関連記事
TOP▲