100周年記念事業

市営バスを改造した
EVバスの営業運行
横浜市は、「Zero Carbon Yokohama」を掲げ、地球温暖化対策・エネルギー施策を強化し、
持続可能な大都市モデルの実現に向けた取組を進めています。
その一環として、公共交通の低炭素化を図り、本市の環境施策をPRするため、
熊本大学等と連携し、電気で走るバス(以下、EVバス)の営業運行による実証を実施しています。
EVバスの営業運行は、横浜市で初となります。
BAYSIDE BLUE

概要

熊本大学を始めとする産学官プロジェクトが開発したEVバスの営業運行による実証(※)を、横浜市の市営バス路線で実施します。
※環境省CO2排出削減対策強化誘導型技術開発・実証事業「エネルギー密度を向上した大型車用EVシステムの開発と大都市路線バスへの適用実証」

事業者

代表実施者:熊本大学
共同実施者:横浜市、㈱イズミ車体製作所、㈱ピューズ、
東京電力ホールディングス㈱、㈱e-Mobility Power

事業内容

・横浜市営バスの複数路線で営業運行による実証
・坂道や利用者数の多い横浜市内で路線バスとして実用性の評価
・実証データをもとに将来のEVバス大量運行のモデルを構築

スケジュール

営業運行による実証は、令和2年10月28日(水)から令和3年2月までの予定

走行路線

浅間町営業所が所管する市民病院方面に向かう急な登坂路を含む、横浜駅を中心とした路線

EVバスの特徴

・市販の電気自動車のバッテリーやモーターを既存のバスに転用して、導入費用を抑制
・バッテリーのコンパクト化により、ディーゼルバスと同一の乗車定員の確保
・営業運行に支障が出ない短時間充電が可能
TOP▲